審査が通りやすい事業者ローンの魅力が満載

硬貨

収入証明なしで借入れする

カードを持つ人

消費者金融と銀行の違い

カードローンは、カード1枚あればいつでも街のATMやCDから借入れができる便利なローンです。また、審査が比較的簡単なのも大きな特徴となっていて、原則として身分証明書類と収入証明書類の2種類があればすぐに利用申し込みができます。この必要書類ですが、借入希望額によっては収入証明なしで身分証明書類だけでもOKというケースがあります。これは、消費者金融のカードローンと銀行のカードローンとでは扱いが異なります。まず消費者金融会社の場合は、収入証明不要となるケースが法令によって決められています。具体的には、1社から借り入れる場合は50万円以下、複数社から借り入れる場合は借入額の合計が100万円以下の場合は書類の提出が必要ありません。ただ、これは法定上の最低ラインであって、会社が独自の判断でこれより厳しい基準を設けているケースもあります。会社ごとの具体的な基準は、それぞれのホームページ等で調べておくようにします。一方、銀行のカードローンについては、法令による規定が存在しません。そのため、借入額がいくらまでなら収入証明不要かという基準はすべてそれぞれの銀行が独自に定めています。銀行によっては、500万円まで収入証明不要というところもあります。単純に考えれば、収入証明不要となる限度額が高いカードローンほど使い勝手が良いということになります。ただ銀行の場合、口座の残高など収入以外の要素によって借入可能額が決定されることもあるので、一概に良し悪しを言うことはできません。また、多く借りられる分金利が高いというケースもあります。利用の際は、こうした諸要素を総合的に勘案して自分に合った借入先を見分ける必要があります。